Strict Standards: Non-static method Configure::getInstance() should not be called statically in /home/users/0/glad/web/jhpea/cake/bootstrap.php on line 46
深層心理|東京メンタルスクール

東京メンタルスクール.

一般社団法人 日本健康心理学教育協会.

 

 

202.png

 

 

自己概念の根底はこの深層心理にあります。

 

潜在意識ともいいますが、人の意識の殆どがこちらの部分に影響されております。

 

無意識ともいいます。この無意識はどこから湧いてくるのでしょう?

 

人はこの無意識からなるマインドトークを1日6万回もつぶやいているといわれます。いわば雑念

 

ですが、この雑念を基本に行動しているとも言えるのです。

 

気づきはどこからくるのでしょう?

 

感情はどこからくるのでしょう?

 

閃きとはどこからくるのでしょうか??

 

 

303.gif

 

 

これらの答えが、深層心理にあります。

 

人の心理には、生まれてから成長するまでに多くの経験を積んで生きております。その経験は、

 

当然いいものばかりでなく、辛い思いも、悲しい思いもございます。どれもこれも、深い闇にある

 

はずなのですが、不安になると記憶が蘇って参ります・・・・

 

しかも無意識に・・・・

 

感情だけ・・・・

 

これが深層意識の仕業です。

 

当然嬉しい思いや、感動した思い出なども蓄積されます。

 

しかし、全てではありません。重大な感情に残る出来事が蓄積されます。

 

 

303.gif

 

 

生育暦といって、生まれてから今までの人生の出来事を言いますが、親や教育の環境で大きく

 

心に残るものが変わります。子供が何をやっても、お母さんは大抵「ダメダメ」を連発すると思い

 

ます。この「ダメダメ」は発育する子供にとって、自立を打ち消す厳しい言葉となるのです。

 

例えば 

 

親に言われた事をいつも守っていた。    ← 怒られるのが怖いから

         ↑

 その事を平気で守ってない友達がいる   ←  友達に対しイライラする感情が出る

 

 

片付けをちゃんと出来ない自分がいる    ← 自己嫌悪

        ↑

自分の子供が片付けられない        ← 子供に対してイライラする

 

 

子供の頃池でおぼれた事がある      ← 死ぬ思いをした

         ↑

 プールが怖くて入れない、又は泳げない  ← なぜ苦手かわからない

 

 

このように過去の体験が現実の感情を引き起こすキッカケになっている事が多々あります。

 

 

 

303.gif

 

 

 

以上により、深層心理とはなんとなく、感情と結び付いている?という事はわかっていただけ

 

ましたでしょうか?

 

それでは、次のページでは、自己受容という項目を探ってみましょう。

 

 

 

203.png

 

 

 

ber214.gif

 

 

 

メンタルセルフ実践トレーニング

 

 

PAGE TOP